読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベーシストの深づめ

約20年振りにバンドを再結成しました。FEAZというスリーピースバンドです。

ポールマッカートニー

尊敬するベーシストは?

今はポールマッカートニーと言います。

あのベースラインであのボーカルやコーラス。
一体どうなってるんだ?

ビートルズは言わずと知れた音楽史に名を残す偉大なグループ。
好きな人も多いだろうけど、1番に好きというにはスタンダード過ぎるかな。

それにしてもジョンとポールは凄すぎる。
有り余る才能。
それは分かってる。

でもあのベースラインとボーカルなんです。
なんであれが両立できるのか?


比べるのもおこがましいのですが、
私もベースを弾きながらコーラスをしないといけない立場です。

ベースラインとコーラスのリズムが同じじゃないと、
どちらかがズッコケるんですよね。

たとえば…
クラッシュのpolice&thievesのコーラス部分oh yeah!が言えないのです。

情けない。

練習です。
コーラス部分は弾かずに歌。
コーラスのリズムやタイミングが確立されてきたら
ベースを入れてみます。

タイミングが合わない。

コーラスを入れるとベースのタイミングがずれる。
ベースのタイミングを合わせるとコーラスが変になる。

こんなことってありますよね。

でも、掴んできました。

初めて口笛が吹けたり、
補助輪無しの自転車に乗れたり、
ガムで風船が作れた時の感覚。

それらに似た喜び。

あぁポールも沢山練習したんだろうな。
というのを何となく感じました。

最初からあのベースラインとボーカルが
できてたのかもしれないけど、
ポールは努力の人と思いたいです。

でないと同じ人間なのに情けないじゃないですか。

でもそんなの当たり前です。
あのポールマッカートニーですから
私とは違います。

もう少し練習すれば私も課題曲のコーラスができるかな。

ちなみにこんな曲です。
できる人はすぐできるんだろうな。
コーラスもベースラインもシンプルなんですけどね。