ベーシストの深づめ

約20年振りにバンドを再結成しました。FEAZというスリーピースバンドです。

歌モノはギターを絞るのか〜

ずっとパンクバンドだったから分からなかった。

ちょっと大人になってロックをやってもギターが全面に出て大音量。

ベースもつられて大音量。

そして歌はあまり聞こえない。

みたいな。

 

最近気付いた。

音はドラムの生音の音量に合わせるって事に。笑

だから今までみたく音を大きくしなくてもいいんだ。

 

ボーカルの歌を活かすためにはギターの音量を絞るって事にも気付いた。

 

これをメンバーに気付いてもらうか、説明するのか。

 

その場の雰囲気で言わなきゃな。

俺たちパンクロックだったから分からなかったよ。

 

ありがとう。

このLet's get it on マービンゲイのカバー。

スリーピースながらメリハリが利いてていいですね。

勉強になりました。

The Tony Campanella Band - Let's Get it On - Marvin Gaye Cover - YouTube